心配ごとがたくさん

 2014-03-08





サーコが血尿を出しました。

3~4回の排尿で普通に戻ったのですが

調べて頂いたら、尿中に結石の元になる成分が多いそうで

ただ今投薬治療中です。

レントゲンも異常なかったし、元気いっぱい飛び跳ねているんですよ。

ただ・・・以前、乳腺腫瘍摘出手術をした時に

取った組織からがん細胞が発見されているし、

他の子の2倍近くの餌を食べているのに痩せて行くんですよね。

心配です。



それと、もう一つかなり心配な事が・・・

数か月前にあんこの胸に軟らかめのしこりがあるのを発見しました。

何度か動物病院に相談に行ったのですが、その度に、

想像妊娠で乳腺が張っているのかな? 様子を見ましょう。

と言う事で帰って来ていたのですが

先日の狂犬病ワクチン接種の時に再度お願いして針を刺して検査していただきました。

その結果が先日解って・・・・乳腺腺がんという事でした。


手術・・・させていいものか?

以前飼っていたドーベルマンも乳腺腺がんで手術をしたことがあるのですが

手術後急に悪くなってひと月もしないうちに亡くなった経験があるんです。

痛い思いをさせた上に寿命を短くしてしまって・・・・


このままみんなに囲まれて寿命を全うさせてあげたほうがいいのかな?

手術をしたからと言ってがんが治るとは言い切れないと先生も言っているし・・・

でも、先生は手術に向けて話を進ませているし・・・飼い主としては迷うところです。


でも、14日、午前中に精密検査をした結果で午後に手術の予定になりました。

今は普段と同じく元気いっぱいで食欲も人一倍あります。


あんこ、嫌なものはサッパリとって元気になろうね~

頑張れ、あんこ!!!!!








スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫