臍ヘルニア

 2014-04-25





風邪をひいて寝込んでしまいました。

でも、そんなことを言っていられないことが・・

メイが臍ヘルニアで緊急入院、手術になりました。



メイは生まれた時からおへその部分が閉じずに穴が開いた状態で

そこから脂肪が少し盛り上がって出ていて、いわゆる『出べそ』でした。

みかんを帝王切開で出産したときに治してもらったのですが

時が経つうちに再び脂肪が出てきて、500円玉くらいの大きさに

ぷっくりと軟らかく膨らんでいました。



でも、緊急性はないしこのまま様子を見ましょう。と言う事で

毎日観察していたのですが、23日の朝触ってみると

5cmほどに大きくなり、しかもカチカチに硬い!

これは一大事!!

以前プーコの子供で近くに巣立った子が、腸のヘルニアで

あっという間に亡くなってしまった事が頭を過りました。



朝4時でしたが掛かり付けの病院に電話。

留守番電話にメイの様子を知らせ、院長からの折り返しの電話を待っていましたが

この日に限っていくら待っても電話がかかってこない。

(病院に着いてから院長先生が旅行中だったことが分かりました。)



ハラハラしながら診察時間まで待ちました。

でも、その間でもメイはいつものように元気なんですよ。



診察時間1時間前に病院に着いてドアを開けようとしたら、

いつも診て頂いている先生が早めに来ていて、すぐに検査。

レントゲン、超音波でみたら、何かが出ている・・・

その何かが腸なのか、子宮や卵巣なのか開いてみないとわからないそうで、

もし腸で、壊死している場合はその部分を切ってつなげる事になるし

壊死していない場合はお腹の中に戻す。と言う事でしたが、

戻しても動かない場合はもう一度手術になる。と言う事でした。



そして手術開始。

途中で看護師さんが来て状況を教えてくれました。

お腹の膜が固まって出ていたようで壊死していたそうです。

でも、腸じゃなくて良かった。


そして昨日。

面会に行ったら・・・先生「メイちゃん退院していいですよ。」って・・

退院まで1週間くらいとの事でしたが、メイ、鳴いてばかりで体に良くないからと、強制退院です(笑)

いつものような元気はありませんが良く寝ています。


01_20140425090532b74.jpg



それにしても今年はなんて年でしょう。

サーコの血尿から始まって次々と…・

みかんとCOCOは何事もありませんように!









スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫